ブルーシートをお探しなら岡潮へ。様々な用途で使えるブルーシートをご提供致します。

反射ベスト、ブルーシート
空調服&空調ウェア製造販売の岡潮

お問い合わせ、法人様のご相談はTEL:03-3661-7331
HOME ご注文に関して 会社概要 お問い合わせ 会員登録・修正 買い物かご 注文照会 サイトマップ
 検索
ランキング
ブルーシート 格安ブルーシート
390円〜
オリジナル安全タスキ,反射ベスト,安全ベス,軽量反射ベスト 4段階サイズ調整付
反射ベスト
背中反射ワッペン付
1590円
差替式反射ベスト スピード納品!
簡単差替式
1950円〜
カバンのマスター
 

  

ブルーシートの用途

 

・ブルーシートの品質と厚みについて

 
ブルーシート(タープ)の規格表記には#1000や#3000などありますが、これはブルーシートの厚みを示しています。 #3000は、基準的なサイズである3.6m×5.4mサイズの場合、重量が約3000g(3kg)となります。 #1000では、基準的な3.6m×5.4mサイズで重量が約1000g(1kg)になります。 #の番号が大きいほど厚く、耐久性のあるブルーシートになります。

#の番号が大きいほど、シートは厚くなりますが、厚みは製造メーカーによって異なります。 また、耐久性についてもメーカー、製造国によって異なります。 これは、同サイズ、同重量であっても、メーカーによって製造原料、製造方法が異なるためです。 一般的に同じサイズのシートであれば、国産品の方が耐久性が高く、輸入品の方が価格が安い傾向にあります。

株式会社岡潮では、一般的に良く使用される2サイズ、#3000と#1000を取り扱っております。 ブルシートの用途は多岐にわたり、様々な目的で使用されます。 そのため、厚手のブルーシート#3000では、基準的なサイズである「3.6m×5.4m」「5.4m×7.2m」「10m×10m」「15m×15m」と豊富なラインナップを揃えております。
#1000でも基準的な「3.6m×5.4m」「1.8m×5.4m」「1.8m×3.6m」「5.7m×7.2m」そしてビックサイズの「10m×10m」と扱っています。

建設資材の野積みや、屋根代わりなど屋外で使用する場合、ブルーシートは紫外線により劣化します。 屋内での使用に比べ破れや穴が開きやすくなります。 なるべく厚手のブルーシートを選ぶか、長期間使用の場合は、UV(紫外線)カット剤を配合したUVシートが適しています。


 

様々なブルーシート活用方法

業務用(工事現場)として

ブルーシートは工事現場で一番よく使われています。工事に出るホコリを、周りに飛散させないためのカバーとして使う他、雨の防水カバーとしても使用します。さらに屋根の雨よけや、床や壁の汚れ防止としても使います。 また、ハトメを利用してトラックの荷台をカバーするのにも使えるでしょう。
業務で使用する場合は、耐久性のある#3000のシートをおすすめします。


一般向けブルーシート販売ページはこちら
法人向けブルーシート販売ページはこちら


災害用として

災害時にもブルーシートが役立ちます。完全防水製ですから、雨・風やホコリから家を守るだけでなく 目隠しにもなります。 屋根に穴が開いた時にかぶせて雨漏りを防ぎます。 冬場では防寒用としても使えますし、簡易テントも設営することができます。 災害用、備蓄用のシートは厚手で防水性の高い#3000のシートをおすすめします。


一般向けブルーシート販売ページはこちら
法人向けブルーシート販売ページはこちら


アウトドア用として

最近では、レジャーシート用としても使われています。 レジャー用として使う場合、#1000などの薄手のシート多いです。これは#1000のシートが薄手で軽量だからです。

キャンプで使用するテントは荷物を軽くするため軽量タイプが多いです。 したがって、軽量のテントは生地が薄く、強度が低くなっています。 とくに床面は石などで傷つきやすく、ちょっとした衝撃ですぐ破れてしまいます。 そこで地面にブルーシートを敷き、その上にテントを作るのです。 #1000のブルーシートは安価なので、使い捨て感覚で、テントを保護できます。 これはアウトドアショップの販売員も薦めている方法です。 また、悪天候のキャンプにも必要不可欠です。 屋根にもなり、雨で荷物が濡れるのを防ぎますし、ハトメを利用して簡易テントにもなります。


薄手・軽量ブルーシート販売ページはこちら


お花見、レジャー用として

お花見のシーズンになりますと、桜の名所や様々な公園、土手などで、大きなブルーシートを広げ、桜を楽しみながら、 ご飯やお酒、お茶を飲んだりする光景をよく見かけます。 しかし、地面の上にブルーシートを敷くので、おしりが痛くなったり、冷たくなります。 そんな時には、#3000の厚手のブルーシートを使いましょう。厚手のブルーシートは強度があるので破れ防止にもなります。 防水性があるので、おしりが濡れることもありません。

また、お花見には表面が青、裏面が緑のリバーシブルシートがおすすめです。 緑色の面に座れば景観にも優しいお花見になるでしょう。


一般向けブルーシート販売ページはこちら
法人向けブルーシート販売ページはこちら
リバーシブルシート販売ページはこちら


景観に合わせられるシートとして

自然の多い公園や、閑静な住宅地でシートを使う場合、
青色のシートでは目立ってしまい、周囲に不自然な印象を与えます。

リバーシブルシートは表が緑、裏が青と色が異なります。
この特性を活かし自然の多い公園や、閑静な住宅街、学校等で使う場合には 優しいイメージの緑色の面。
工事現場や、商業地域等で使う場合には理知的なイメージの青色の面。
というように表裏の色を使い分け、景観に合わせた使い方をすることができます。


リバーシブルシート販売ページはこちら


公共工事等で使用するシートとして

公益施設や、公共工事等で使用するブルーシートは、厚さ、耐久性、強度といった、品質のしっかりしたモノでなければなりません。

ブルーシート正規品は、岡潮が「最高品質」をキーワードに製造しているブルーシートです。 バージン原料(新品の原材料)で製造し、規定重量をクリアし、しっかりとした重み、厚さを持ちます。

出自の分かるシートには安心の性能が備わっており、品質の高さを体感された、お客様からのリピートが多いブルーシートです。


一般向けブルーシート正規品販売ページはこちら
法人向けブルーシート正規品販売ページはこちら


室内でのブルーシートの使い方あれこれ

家の中で照明や壁を掃除するとき、どうしても床に汚れが落ちてしまいます。 そこで掃除をするときに事前にブルーシートを床に敷く使い方があります。 ブルーシートは水もはじくので、床や物を汚さず、大変便利です。

また、部屋の中で家具を組立てるとき、フローリングが傷つく恐れがあります。 このような場合でも、事前にブルーシートを敷いて作業を行えば、床を傷つけません。


一般向けブルーシート販売ページはこちら
法人向けブルーシート販売ページはこちら


屋外では、こんな使い方も!

夏に、外で洗車をする際には炎天下のもとで行わなければなりません。 そこでブルーシートを軒先から吊るして、日除け用に使うこともできます。 日除け用として使う場合は#1000の薄手タイプのブルーシートタイプをお勧めします。 軽いので運搬、取り付けが楽にできます。

自転車カバーは、安価のモノは何度もかぶせたり、外したりしているうちに破れてきます。 そこでブルーシートを使う人が増えています。 防水性で雨からサビを守るだけでなく、とくにバイクには砂やホコリ除けとしても使えます。 屋外や、庭を物置きに使っている場合も、同様にカバーとして役立つでしょう。
また、ベランダ等でビニールプールで子供を遊ばせるとき、プールの下に敷き、床や地面が水浸しになることを防ぐことができます。


ブルーシートの大きさと座れる人数

お花見やレジャーなどでも使うことの多いブルーシート。
どのくらいの大きさで、何人が座れるのでしょうか?

・3.6m × 5.4mサイズ
1枚が12畳の大きさで約12人〜16人が座れます。
一般向け3.6m × 5.4mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら
法人向け3.6m × 5.4mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら


 
・5.4m×7.2mサイズ
1枚が24畳の大きさで約30人〜35人が座れます。
一般向け5.4m × 7.2mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら
法人向け5.4m × 7.2mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら


 
・10m×10mサイズ
1枚が60畳の大きさで100人が座れます。
一般向け10m × 10mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら
法人向け10m × 10mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら


 
・15m×15mサイズ
1枚が135畳の大きさで100人以上が座れます。
一般向け15m × 15mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら
法人向け15m × 15mサイズ
ブルーシート販売ページはこちら


ブルーシートは、アイディア次第でどのような使い方もできます。しっかりとした強度を求められる業務用として、楽しく使える家庭用としてもお使いできる、岡潮のブルーシートを是非お試しください。